住まいを自分で造る楽しさ

一人暮らしでも贅沢な住まいに

住まいを自分で造る楽しさ 一人暮らしの女性上司の住むマンションに遊びに行った経験をして以来、ひそかにマンション暮らしという夢を持つようになりました。その女性上司は一人暮らしでありながら、2LDKのファミリータイプの広い分譲マンションに住んでいらしたこともあって、どこもかしこもゆとりがあるのです。先輩が結婚されたとき、中古の一戸建てのご自宅にお邪魔したことがありましたが、トイレのドアを建てつけるスペースがないようで、カーテンが入り口に取り付けられていたのにはびっくりしました。それに比べるとこの女性上司の分譲マンションは、一戸建てよりもはるかに魅力的でした。

私の分譲マンション購入という憧れと、実現させたい生活の夢をまるでそっくりそのまま体現したかのような女性上司のお宅からは、これぞ憧れの住まいのカタチだと思える何かがありました。寝室、こたつに入ってテレビを見る広い和室、4人以上が座れるソファセットと同じく4人が座れるダイニングテーブルに対面式キッチンなど、あまりにも一人暮らしには多すぎる部屋と家具に、一体どんな生活をされているのだろうと不思議に思いました。もしかすると、こうした分譲マンションに一人暮らしをすると、人を呼びたくなってしまうのかもしれません。

お役立ち情報

Copyright (C)2022住まいを自分で造る楽しさ.All rights reserved.