住まいを自分で造る楽しさ

住まいと結露と断熱対策に気をつけよ

住まいを自分で造る楽しさ 長い間住まいを快適に維持するためにはそれなりの工夫を必要とします。そのそれなりの工夫で大事な1つは冬場の結露対策であります。その結露は窓ガラスや壁に水滴となって発生してそれがカビとなったりなどするだけでなく、材質が木製の場合はそれを腐らせ駆逐させて家の一部分を破壊してしまいます。そのため結露をいかに防止するかにかかるわけですが、それを防止するためにはもちろん時折の換気と室内乾燥が欠かせません。ですが単に時折窓を開けて換気だけでは問題を解決することはできません。なぜなら窓を閉めたらまたそれが発生するからです。

そのため結露を防止するためには窓ガラスや壁の断熱対策が要求されます。壁の場合は断熱材を分厚く貼り付けることで解決の可能性を大きくします。ですが窓ガラスに断熱材を貼り付けるわけにはいきません。だからそのままだと窓ガラスに結露が発生するのです。それを解決するには窓ガラスそのものを暖めるか内外の寒暖差をいかに抑えて室内の湿度を低くするかにかかっています。窓ガラスの暖めに関してはクルマを参考に考えることができます。クルマの場合は窓ガラスに向けて暖房の空気を送り込んでいます。同じように家の窓にも温風を送り込むようにするのです。ですがこれは常時やっていたら暖房費の高騰につながりまして効率的ではありません。そこでさらなる対策として暖房を使用しないで結露を抑える方法を模索しないとなりません。内外の寒暖差を抑える工夫の1つは雨戸を閉めることです。雨戸が二重窓の役割を果たすのです。それで窓ガラスに結露の発生を少なくさせることができます。なので新築の住まいにも雨戸が要るのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2022住まいを自分で造る楽しさ.All rights reserved.