住まいを自分で造る楽しさ

住まい探しの前にしておきたいこと。

住まいを自分で造る楽しさ 今の住まいは気に入っていますが、近隣住民とトラブルになりそうで、不安が募ります。どこに集合住宅に行ってもそういう事は有り得ますが、悪質なケースがあるとすれば、住民同士が束になって、たった一人の住民をいじめる、ということでしょうか。テレビなどでその事例を見たことがありますが、かなり大きなニュースになっていて、実際にこんなことが有り得るのか、ということに悲観したものです。かなり悪質な場合では、塀に酷い落書きをしたり、罵倒を書いた大量の手紙を投げつけたり、わざと騒音を起こしたりということもあるようです。

外国人のような人が住んでいると、日本の常識、マナーを知らない場合があり、悪びれた様子もなくトラブルに繋がるようなことを起こすケースもあります。敷金、礼金が0円の部屋に入居すると、度々そういうこともあるようです。差別するわけではありませんが、日本人ではない人のマナーは非常に悪い場合が多く、接客業をしていて、嫌というほどその瞬間を見せられたことがあります。そういった人たちは手に負えない場合が多く、日本の常識は通用しないため、何かトラブルになりそうであれば、早々に警察を呼ぶか、不動産会社に連絡するようにしましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2022住まいを自分で造る楽しさ.All rights reserved.