住まいを自分で造る楽しさ

冬に寒くなりがちな一戸建て住まいの暖房効果を上げる

住まいを自分で造る楽しさ 一戸建てなどの住まいでは、マンションに比べまして冬は冷えるという場合があります。その為、しっかりとした防寒対策をすることが非常に大切で、その寒さの原因の一つが窓にあるとも言えます。マンションでは窓がそれ程多くない場合でも、一戸建てでは一部屋の複数面の壁に窓があることも珍しくありません。春など穏やかな時期には太陽の恵みが嬉しい窓でありますが、真冬ではその窓から冷気が漂いますので、部屋の温度が下がり易くなります。その冷気対策の一つにカーテンがありますが、可能であれば防寒カーテンを致しますと尚効果的になります。

そしてその際に合わせて重要になることが、カーテンの長さです。それぞれの住まいで窓の高さや長さなどが異なりますので、カーテンを購入する際はカーテンレールから床までの長さを測っておき、床にカーテンの下部を垂らせる長さのカーテンを購入することが肝心になります。冷気は下から漂ってきますので、床に隙間があればそこから冷たい冷気が来ますので、それを遮断する意味におきましても重要になります。また、近年では防寒性に優れたレースカーテンもありますので、日中はそれで窓を覆っておくということも良い方法です。一戸建ての住まいの冬は、カーテンを上手に使って暖房効果を上げましょう。
Copyright (C)2022住まいを自分で造る楽しさ.All rights reserved.